« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

2006.10.30

Hythlothにて(UO)

昨日は久しぶりにギルメン達とHythlothへ向かいました。

2006102901

Hythlothといえば、その名前を聞くだけで絶望が走る高難易度のダンジョンですが、最近のギルメン達の技術力向上のおかげか、死者もほとんど出ず(というか、私だけ?)、最下層まで行ってまったりくつろぐこともできました。

大変眠い中、まさかHythlothでくつろぐことができるなんて・・と思いつつEVを出していた一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.22

Destard(UO)

昨晩はギルメンたちとDestardへ行ってきました。
ここへ来るのももう何回目になるのでしょうか。
毎回ここに来るたびに白黒の世界になって戻っていくのですが・・・

今回はイベント専用キャラで出撃・・・あれ?
そう、スキル上げの関係で、余計なスキルを全て他のキャラに移動していたのをすっかり忘れていました。
スキルは・・・魔法110、ネクロ75、霊話70位だけ。
急いでスキル保管キャラからハイド100を移動し、即席の魔法使いに仕上げて参加させました。

しかしまあ、ハイドができるだけで魔法使いは本当に楽です。
半分寝ながら操作していたのですが、ハイドしてEVだして、MANAが溜まったらEB。
瞑想と集中が0だったこのキャラも、終わる頃にはどちらも70を超えていました。

結局死んだのは1回だけ。Destardでこんなに死ななかったのは初めてじゃないかな?
06102101

お金も(アイテムを換金したりして)1万goldほど持ち帰ることができ、満足した一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.15

Despiseにて(UO)

昨日はギルドメンバーたちとDespiseへ行ってきました。

最初は何も装備しない裸での参戦の着マンマンでしたが、ギルド入会希望の方がいらっしゃり、そちらの対応のため途中参加となりました。
そしたらギルドメンバーたちは、なにやら処刑人の部屋?探しに熱中している様子。

Despiseにそんなところあったっけ????と思いつつ、言われるままにキーワードをつぶやいたら、隠し部屋へたどり着けました。
そう言えば、何年か前に来たことがありますね、ここ。
何だか新しい発見がちょっとあった一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.14

猫だらけ(UO)

私の家3軒しかない湖に囲まれた島なんですが、ちょっと魚でも焼こうかと思ってログインしたところ、島中猫だらけ。

06101301

邪魔にもならないからそのまま放置することにしました。

一応寝る前には湖で捕れた魚を数匹、えさして置いておきました。
06101302

それにしても、一体どなたが猫をこんなに大量に連れてきたんでしょう・・?


| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.09

Deceitにて(UO)

昨日は、ギルドメンバー達とDeceitへ行ってきました。
Deceitなんて、昨年春の全ダンジョン制覇イベントの時以来、1年半ぶり。
恐らく、UOK導入前の最後のDeceitになるでしょう。

今回は、パラディンのYunaで靴とスペルブック以外持たず、裸で突撃し、ギルドメンバー達が倒していった屍から荷物をルートし、それで装備を揃えていきました。

こういうとき、騎士スキルが入っていると楽ですね。
回復も一応攻撃もできますし。
何度も死にましたが、最深部に来たときにはそこそこの装備が揃っていました。
061007


イベント後、今度はまた裸になって(露出狂じゃないよ)、Shameへ。
こちらでも知らない人が倒した土エレから装備をルートし、なんとか装備を揃えてみました。
1階で時間切れになりましたが、体力があればその先にも進みたいと思っています。

たまにはアイテムにこだわらず、裸でダンジョンというのもいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.10.01

Covetousにて(UO)

最近、ギルドに初心者の方が何人も入られましたので、初心に返ってギルドメンバー達と、Trammelのダンジョンを巡ることにしました。

一番初めはCovetous。出撃キャラは騎士のYuna。
最近、ちょっと流行に合わせて武士を入れてみた。(まだ武士は60くらいです)
■LV1
ゲイザーに睨まれて死亡しかける。
それでも、ゲイザーをほぼ一撃でHPの99%削れるのは快感です。
なぜか何度やっても一撃では倒せなかったのですが。
それ以外にはほぼ無敵のフロアー。

■LV2
以前来たときは、とてつもなく広いダンジョンというイメージがあったのですが、ゲイザーがそれほど恐怖でなくなると、案外すんなり通れるところですね。
とは言っても、やはりゲイザーが集団で襲いかかってくると恐怖のダンジョンです。
かなり厳しい場所でした。
出口付近の狭い通路に箱が沸いており、通行不能状態。
テレポートの魔法が使えないので、仕方が無くGM Callをしました。
後で結構これが失敗だったな・・ということになるとは、このときは思いも知らず・・

しばらくすると脇箱の運命のため、自然に消えて通行可能になり、GM Callをキャンセル(したつもりになって)し、次へ進みました。

■LV3
嫌だよここ、ホント。
(多分)魔法スキルがないと開かないドアに、リッチがわんさか。
1匹のリッチに追いかけられ、毒を撃たれたので離れて解毒をしていたところ、キャンセルしていたと思っていたGMからご連絡がはいる。
いやあんた、私が悪いんだけど今ちょっと手が離せないのですが・・
で、GM様を待たせるのもあれなので、リッチと戦いつつ、GM様とチャットで事情を説明しつつ、ギルメンとチャットしてたら死亡(涙)
外で一回復活させてもらい、GM様との会話も終わらせ、復讐戦にさっきのリッチを倒しに行ったら、また毒食らって逃げ回っているところで、

「ただいまのGMの評価はいかがでしたか?」

みたいな(急いでいたので良く読んでない)背景が見えない巨大な窓が、画面一杯に広がって一時的にキー操作などが効かなくなり・・・・

死亡(涙)

で、また復活してもらって、再度多分さっきのリッチと思われるやつを倒しに向かったら・・・・
解毒とか体力回復ができなくて死亡(涙3)
焦ってて、なんで包帯動かなかったんだ・・と思ってたら、包帯ルートされていました。

その後、集まってLV4地底湖へ。
他のプレイヤーがいないため、ドラゴン狩り放題でした。
流石にこれだけ人がいると、ドラゴンも怖くありません。

その後は、以前緑先生の部屋と呼ばれていた所へ向かいました。
うちのギルドのイベントでCovetousへ来たことは何度かあったのですが、初めの頃数回は、この部屋の存在を誰も知らなくて、私自身来たのは多分2回目の場所です。
いつもCovetousって地底湖まで一本道だと思っているんですよね。
06093001

で、入ったはいいけど、魔法スキルがないから自力では移動魔法以外では外に出られない部屋でした。

UOKR前では、多分これが最後になるかな、Covetousに来るのは。
この風景を目に焼き付けておかねば・・と思い、色々と回ってみた一日でした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »