« August 2006 | Main | October 2006 »

September 2006

2006.09.25

初ルンビテイム補助(UO)

ギルドメンバーのTipさんが、「良いルンビが欲しいんで、テイムするのを手伝って」とおっしゃられていましたので、時間もあったので気軽にokし、バード見習い中の魔法使い、kyouで出撃いたしました。

そもそもルンビって名前は良く聞くんだけどどんな生き物だろう・・という知識状態でスタート。
現地に飛ぶ前も「そこ、他にどんな敵がいるんですか?」「ああ、ルンビ以外いないですよ」というTipさんとの会話から、まあ10分くらいEB売ってインビジしていればokかな・・と気軽に考えていたのですが・・

現地に飛んで、いきなりでかいカブトムシになんかの魔法を撃たれて2発で撃沈。
「おいおい、このカブトムシ、なんか魔法撃ってくるぞ?」
     ・・というのを3回繰り返し、
なんか蛇みたいなのもいきなり襲ってきて(あとで「やまどん」という生き物だと判明)、今回のミッションの難易度の高さがわかりました。

急遽他のギルメンにヘルプを出したところ、うちの武闘派集団が大挙としてフォローに回ってくれ、
ルンビ沸く→個体を鑑定→不要なら2秒で倒す
を繰り返してくれ、ようやくよさげな個体に巡り会うことができました。

それにしても、たかがカブトムシと思ったのですが、凄い疲れました。
でもいい経験ができました。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.21

新人ラッシュ(UO)

ここ1週間、毎日一人以上のペースで新人さんがギルドに入会されています。
毎回ギルドの説明などをしていますと、事務手続きで2時間近くかかるのですが、おかげで自分が遊ぶ時間が全くなし。

それより、なんで最近急に人が増え出したんでしょうか??
来年発売が発表された新しいパッケージの影響かな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お隣さんと・・(UO)

久しぶりにTrammelのある家に行きました。
秘薬とブランクのルーンブックしか荷物置いていないので、その家には滅多に行かないのですが、目の前の家のベンダーさんは、隣のよしみで時々のぞきます。

そしたら、その横の家でもベンダーを始められたようで、しかも家主さんがいらっしゃったのでお辞儀をしたところ、わざわざ外まで出てきてくださりました。

話を聞くと、以前は私のその家の左脇に住まわれていたのですが、引っ越してここ(右前)に移動されたとのこと。
そうこうしているうちに、私の家の目の前の関係者の方もいらっしゃるし、なんとなくUO話に花が咲きました。

たまにはのんびりとこういうのもいいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.11

鶏たちのBlighted Grove(UO)

先日、ギルドメンバー達と鶏になってBlighted Groveへ出撃しました。
06090901

【出撃前の緊張感を隠せない鶏たち】


鶏と言っても今回の参加者は、皆さん魔法が使える鶏たちで、さしずめGrate Niwatori Wizardといったところでしょうか、ボス相手に一歩も引かず(だけどエネルギーフィールドで壁は作ってましたが)、あちらこちらからEV、土エレ、メテオ、火壁でボスを攻撃
06090902

【Grate Niwatori Wizard】


ボス撃破後はギルドハウスにて戦利品を品定め。
06090903


【ギルドハウスにて】


残念ながら良いアイテムは出なかったようですが、またどこかへ行きたいですね。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.09.03

最強の弓(UO)

昨日導入された、武器刻印ツールを一つ試しにもらってみました。
で、色々と遊んでみることに。

まずは大工キャラが持っていた、NQの斧に適当に名前をつけてみました。
その後、家の前の木を切り、弓作成スキルでBOWを作り、それに「最強の弓(嘘)」と名前をつけ、Havenの銀行前に置いてきました。
06090301

いないと思うけど、誰か間違って本当に凄い弓と勘違いして、一生大事に使ってくれたりして。
ブルーダイヤの在庫も100個以上ありますし、しばらく遊べそうです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

お家見学(UO:内装イベント)

自分で提案しておいてなんだが、ギルドメンバー達と各自の家の内装を見学する、内装見学ツアーイベントを実施しました。

私はまあ、とにかく昔から内装が苦手で、今回も1週間それにみっちり時間を取ったにもかかわらず、自分的にはなんだろなあ、これ・・と言う物でした。

今回ターゲットにしたのは、内装なんぞこれっぽっちも縁がなかった、FeluccaのTrinsicにある堀家のSMS。
私の石堀のメイン拠点になりつつある家です。
とりあえず、元々はセキュア1個と炉と鉄床があるだけでしたが、全部一度突破ずし、色々配置・・・あれ・・・やっぱり前と同じような構成になっているよ??

石堀erの利用している家というテーマで内装をしようとしたのですが、結局ふたを開けると炉と鉄床と椅子と若干のテーブルが増えた程度。
おまけに人が来て思ったのですが、FeluccaのSMSだと2階に上がった直後の扉のところで大渋滞が発生する。
普段から2階には上がらないですし、上がるとしても自分一人だから気にしていなかったのですが、SMSだと面倒ですね。

他の方の家の内装を見るたびに、「はぁ、みんなきれいに家を飾っているなぁ」とため息をつきつつ、本日のイベントも幕を閉じました。

イベントの際、1週間ほど前からUOを始められたけど、youngタブがついていると多くの人に追いかけられるので、自力でyoungを外されたという方と長らくおしゃべりしていました。
この方は本日の内装イベントに見学者として飛び入りされたのですが、Haven問題は本当に頭が痛い問題です。
先日も某掲示板で見ましたが、youngがついているキャラがHavenに現れると、ロケットのように飛んでいき、しつこくアイテムを渡したり効率的なスキル上げを伝えて感謝されたがるギルドが多数存在するとのことです。
かつ、youngが外れるととたんに興味を失い、声すらかけなくなるとのこと。

そう言う方々がいるおかげで、UOのプレイヤーとしての寿命が極端に短くなる方が増えるんですよね。
Havenは昔のように、youngタブをつけた人だけの初心者の島に戻して欲しいです。

後はその方とBritain2銀で話をしていると、別途声をかけてきて下る方がいました。
UO歴6年の方で、大昔、私がUOのホームページを開設している事を知っている方でした。
下の子が生まれたときにそのホームページはcloseしたので、もう6年近く前に閉じたんですよね。
そのホームページのことを知っているプレイヤーに声をかけられたのは、ホント久しぶりです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« August 2006 | Main | October 2006 »